提案書の柱は与件整理・提案内容・見積

Web制作の依頼プロジェクトが契約につながるかどうの分界点となるプレゼンテーション。この時に使用されるのが提案書であり、ここにはそのプロジェクトの規模などに関わらず最低限記載すべき項目があります。

それが与件整理と提案内容及び見積もり。なぜならば発注者がいちばん知りたいこと、つまり自分たちが目指したいと考えていることに最もふさわしい制作者を見つけることだからです。

そのために与件整理では、まさに制作者側にとってお客様である発注者の願望を実現するための手段を提示している内容としなければ意味がなく、具体的な方法と見積もりは与件整理が的確になされていれば、自ずと絞られてくるからと言っていいでしょう。

この重要事項をバランスよく記載されているのが理想とする提案書と言っていいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です