法人向けオウンドメディアのデメリット

法人向けオウンドメディアにはメリットだけでなく、デメリットもあります。これも知っておくと良いでしょう。ではここでいうデメリットとは一体何でしょうか。一つは、投資期間が長くなる点です。例えば自社のコーポレートサイトを制作した場合、それにSEOを施した結果が表れるのは数か月後だと言われています。場合によっては数年かかることもあります。ですから短期間で結果を出したい経営者にとっては、採用を躊躇うツールかもしれません。二つ目は、長期運営を前提とする点です。オウンドメディアはクライアントに長く、頻繁に見てもらうものです。ですから適宜更新する必要がありますし、コンテンツも独自性の高いものでなければなりません。しかし質の高いコンテンツを定期的にアップするのは大変で、挫折してしまう担当者は少なくありません。そうなると折角投資しても想定したほどの効果が得られず、失敗する可能性があります。このような事態を避けるためには、計画時点で長期的な運営を前提とし、コンテンツの作成が継続可能なものかどうかを見極める必要があります。継続できないと判断すれば、オウンドメディアの採用を見送ることも考えられるでしょう。ここで重要なのは、専門知識に通じたライターを用意できるかという問題です。法人向けオウンドメディアはその性質上、当然ながら専門知識のオンパレードになります。つまりコンテンツの内容も専門性を問われますから、業界のことを知らないライターには依頼できないのです。しかも内容の中心は自社商品、サービスですから、業界内の人間であっても務まらないこともあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です