レイヤーとマスク合成

ホームページ作成における画像の制作では、複数の画像を重ね、各画像同士を演算処理して一枚の画像として作り出す「レイヤー」と呼ばれる方法が多く見られるのではないでしょうか。レイヤーを使用する方法の一つとして、画像をそれぞれ別に撮影しているにもかかわらず、制作した写真や、また別の画像の一部を重ね、まるで一度に撮影された奇跡の画像といったように見せる「マスク合成」という方法があると言えるでしょう。

レイヤーの演算処理は、乗算、明度差といった演算をはじめ、たくさんの種類があるとされ、上下レイヤーのピクセル同士を演算した結果が表示されるようです。また、演算処理とは別で、上に重ねるレイヤーの透明度といった部分を設定することにより、背景のレイヤーが透過するバランスを調整することもできるようです。レイヤーを使用することによって背景と複数素材を組み合わせたり、さらに再配置といったことまで自由に行えると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です