HTMLについても知っておこう

WebページはHTMLという言語からできています。
言語といってもプログラミング言語ではありませんが、Webページを作るにはHTMLについての知識が必要になります。

Webページはインターネット上に溢れるほど存在しますが、どのWebページも基本的には、HTML (Hype rT ext Markup Language) という言語を使って作られています。
基本的にはと書きましたが、現在、Webページを見せるための技術は、どんどん発展しており、複数の技術を使ってWebページが作られることが多くなっています。

しかし、どのWebページも HTML言語で作られた画面をベースとしています。
HTMLは「Webブラウザで見る画面を作るための言語」です。
言語といってもプログラミング言語ではなく、Webページに表示する項目の配置や構成を定義するために使います。
Webページは、 HTMLという共通的な言語で作られているおかげで、誰でも、どこでも、どのコンピュータでも、 Webブラウザから同じように見ることができるのです。
HTML言語で作った文書は、HTML文書と呼ばれます。
HTML文書ファイルは、テキストベ一スなので、テキストエディタで開いてソースコードを見ることができます。
また、WebブラウザからHTML文書ファイルを直接開けば、その内容を画面に表示させることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です