正規表現の基本

正規表現によって表されたある文字列パターンのことを「正規表現パターン」と言います。また、与えられた正規表現パターンがある文字列の中に含まれる場合、文字列が正規表現パターンに「マッチする」と言います。

先ほどの図でも見たように、正規表現パターンにマッチする文字列はひとつだけとは限りません。ひとつの正規表現パターンにマッチする文字列は、多くの場合は、複数あります。

正規表現パターンは、ますパターン部分を「/…/」のようにくくる必要があります。慣例的には「/」を使うことが多いのですが、別に「l…l」のように遣う文字でくくっても構いません。要は、パターンの最初と最後が識別できればよいのです。

修飾子とは、正規表現がマッチンク‘するときのさまざまな動作オプシヨンを表すための情報です。特に指定がない場合には、省略しても構いません。修飾子にはさまざまなものがありますので、以下に主なものだけをまとめておきます。ますは、こんなものがあるんだな、という程度に確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です